• ホーム
  • 高血圧と漬物の関係~食べるのを止めるべき?

高血圧と漬物の関係~食べるのを止めるべき?

患者と説明している医者

高血圧とは常時、血管に対して高い圧力がかかっている様態です。
生活習慣病のひとつにも該当しており、他の生活習慣病、糖尿病や脳卒中、またそれ以外の腎症などのリスク要因としても認定されている、非常におそろしい様態です。
高血圧の原因は、昔は加齢が一番だとされていました。

しかし生活習慣病のひとつに認定されたことから、現在では生活習慣が最も大きな原因であるとされています。
特に、食事から摂取する塩分量は非常に大きな原因だとされており、高血圧予防、改善を心がけるのであれば、まずは塩分の摂取量に気を使うことが重要だと言われています。
しかし日本人が古くから食してきた和食は、味噌、醤油と言った、塩分を多く含んだ調味料が使用されているのが特徴です。
またそこには欠かすことができない漬物は、塩分濃度が濃いものが多くあります。
高血圧のことを考えた場合、漬物を食べるのは止めるべきなのかどうかと悩まれる方も多いかもしれません。
結論から言うと、高血圧を発症していない人はそれほど神経質になる必要はありません。

また現時点で発症している人は、止める必要性があるかどうか、まずはかかりつけ医に相談することが求められます。
漬物は確かに塩分濃度が濃い食品ですが、健康への意識が高まっている現在においては、そのことに配慮した低塩分の漬物もたくさん販売されています。
ですからこうした商品を利用すれば、それほど心配する必要はないと言えます。
また漬物の原料に多く使用されている野菜、大根やキュウリ、カブなどは比較的、カリウムを多く含んでいる野菜です。
カリウムは、腎臓でのナトリウム、平たく言うと塩分の吸収を抑制し、体外へと排出する作用を担っています。
そのためむしろ、血圧安定のためにはこうした野菜を漬物で食べることは良いこととも言えます。
漬物だけを止めると言うのではなく、他の食品の塩分量にも目を配り、バランスよく食することが求められます。

最近の投稿